【レビュー】東京マルイ サムライエッジ スペシャルカラーVer.

      2016/12/18


11月30日に東京マルイから発売された「サムライエッジ スペシャルカラーバージョン」をレビューしたいと思います。

このモデルは、バイオハザード20周年を記念し、既に発売されている「サムライエッジ スタンダードモデル〈ハイグレードタイプ〉」をベースにFDEのカラーリングを施した限定モデルです。

スポンサーリンク

パッケージ

img_8318

まずは外箱。

img_8319

開けると今度は高級感のある黒い箱が。

img_8321

開けるとハードケースが登場します。銃本体に合わせてハードケースもFDEカラーです。

img_8326

ハードケースの中はこんな感じ。マガジンの収納スペースが2本分用意されているのは嬉しいですね。

左上にはバイオハザード20周年の記念バッジが。この下にBB弾などが収められています。

説明書は蓋のスポンジの下に入っていました。

外観

外観を見ていきましょう。

img_8381

Berettaの最新モデル”M9A3″を完全に意識したであろう、今回のFDEカラー。

スライド&バレルは暗めのFDEカラーでマットな塗装、対してフレームはメタリック調のゴールドに近い色です。

そこにブラックで統一されたレバー類を合わせることで、引き締まった印象になっていますね。

また、グリップはスライドより少し暗めの色になっています。

img_8382

反対側。刻印は綺麗に入っています。

img_8377

ホールドオープンするとこんな感じ。やっぱり92系はえぐられたスライドのデザインが美しいですねぇ〜。

img_8369

スライドストップは操作しやすいロングタイプ。

スライド後部のレバーを下に回し下げると、デコッキング&セフティがかかります。

ただこのレバーの動作が硬く、グリップしたままパッと親指で操作するのが困難です。

以前持っていた同社のM9A1ではスムーズに動いたので、個体差なのかもしれません。

img_8374

エキストラクターは黒に塗装されています・・・が、縁まで綺麗に塗装して欲しかったところ。

img_8370肉厚なブリガディアスライド。ロッキングブロック周辺の再現も完璧です。

img_8371

リアサイトはサムライエッジシリーズ専用のもの。ホワイトドットが大きく視認性に優れています。

このリアサイトだけ欲しい人も多いのでは?
img_8372ファイアリングピンが再現されているのも嬉しいところ。セフティレバーに連動して動きます。
img_8384

マガジンはM9シリーズ共通のもの。

分解

img_8386

分解は通常のM9と同じ。テイクダウンレバーを反対側から押しながら下に回し、スライドを前方に外します。

img_8385

中身は通常のM9と同じです。ホップアップの調整はダイアル式。

実射

実射に関しては安心のマルイ製なので特に問題ありません。

初期のM9A1にあったバレルが下に垂れる症状も改善されたのか、特に気になりませんでした。

〜まとめ〜

数年前に新型M9A1が発売された時、質感や重量などそれまでのマルイ製品とは一線を画すもので、驚きました。このM9A1以降、マルイのガスブロハンドガンの品質が上がったと思います。

今回のサムライエッジスペシャルカラーも同様で、スライドとフレームの色合いや質感の違いなどにこだわりが感じられます。

バイオハザードファンでなくとも、是非1度手にとってもらいたい1丁に仕上がっていると思います。

ぜひこのカラーリングを生かして、Berettaの最新モデル”M9A3″もモデルアップして欲しいところです。

 - Military, レビュー , , ,

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

東京マルイからカート式エアリボルバーついに発売!

先日、HK416Cについての記事の最後に「カート式リボルバーどうなったの・・・」 …

KSC MASADA TANカラーが今週木曜に発売!

KSCのガスブローバックライフル、MASADAのTANカラーバージョンがいよいよ …

【レビュー】SAA GLOCK42

今回は前回のSAA GLOCK19に続き、同社のGLOCK42をレビューしたいと …

ガスガンメーカー比較!お気に入りの1丁を見つけよう!

気づけばもう6月、関東地方も梅雨入りしましたね。梅雨が明けるともう夏です。 ・・ …

射撃姿勢その3〜射撃のワンポイントアドバイス〜

前回スタンスについて紹介しました。 皆さんお好みのスタンスは見つけられたでしょう …