【レビュー】東京マルイ M45A1 ガスブローバック

      2018/02/27


先日発売された東京マルイの新製品、M45A1ガスブローバックをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

M45A1とは・・・

M45A1は、1911シリーズの本家であるCOLT社がMEUの後継として、同社のレールガンをベースに海兵隊向けに製造したモデルです。

現在は民間向けにも販売されています(ただし、海兵隊モデルとスライド刻印が異なります)。

パッケージ

箱の中は、ここ最近のマルイ共通のシンプルなもの。

M45A1と書かれたアクセサリーボックスの中には、保護キャップ、BB弾、空撃ち用のフォロアーストッパー、ブッシングレンチが入っています。

外観

今回マルイがモデルアップしたのは海兵隊モデルなのでスライド刻印は”COLT USMC”になっています。

民間向けモデルの場合は”COLT M45A1″刻印になります。

銃の色合いは思っていたよりも暗めの落ち着いた色で、安っぽさは感じません。

塗装の質感も非常に良く、また、パーティングラインも消されていて好印象です。

フレーム右側の刻印は、グリップ上部の刻印がマルイオリジナルになっていますが、その他の刻印は非常にリアルです。

実銃同様に黒く墨入れするとカッコいいのではないでしょうか。

アウターバレルはシルバーメッキ仕上げ。

リコイルSPガイドとブッシングのガンメタ色が渋くて合いますね。

チャンバーには”COLT 45 AUTO N.M.”の刻印が綺麗に入っています。

サイトはホワイト3ドットのNOVAKサイトで視認性は良いです。

ただし、実銃はトリジコンサイトが装備されているので異なります。

この辺りは、おそらくサードパーティ製でトリジコン風サイトが発売されるでしょうから、発売されたら是非交換したいところですね。

また、今回のM45A1でブローバックエンジンがリニューアルされ、ブリーチの固定方法が従来とは変わったため、ファイアリングピンがモールドで再現されています。

従来の1911シリーズはここがブリーチを固定するためのヘキサゴンスクリューになっており、構えた時に気になるポイントだったので、嬉しいですね。

M45A1の特徴でもあるG10積層グリップ。

写真では分かりにくかもしれませんが、実物はプリント感が否めません。

まぁこの辺はしょうがない部分だと思いますし、気になる方は本物のグリップに交換してしまいましょう。

※本物のG10グリップ装着には加工が必要な場合があります。

また、グリップスクリューは45ACP弾のリムで回せるよう、通常のスクリューよりも頭でっかちになっています。

自分の好きなグリップに交換予定の人は、グリップスクリューも交換が必要になる可能性が大なので注意しましょう。

マガジン

マガジンの装弾数は27発。

実際に入れてみた所28発入りましたが、かなりきついので、説明書通り27発までに抑えておいた方がよさそうです。

マガジンバンパーは実銃同様ロープロファイルのものを再現。

これにより、従来のマガジンよりもガスの気化スペースが増えています。

分解

分解の際は、バレルブッシングを外すのに、付属のブッシングレンチが必要になります。

ホップアップの調整は一般的なダイヤル式。

それにしても、この部分が黒染めではなく亜鉛むき出しなのは初めてかも?

実射

やはり今回気になるのは、従来の1911シリーズとの違いでしょう。

この時期だと気温が低く、かつ1911のマガジンはシングルカラムで容量が少ないため、従来の1911シリーズはまともに動かないことがしばしば。

しかし、今回のM45A1はしっかり動きます。

最後にスライドストップがかからなかったりということはありますが、射撃自体は問題ありません。

最近のUSPなどの他のモデルに比べると、ブローバックスピードやキックは劣りますが、それでも従来の1911シリーズよりはガツンとキックが来るので、このマガジン容量を考えれば十分でしょう。

弾道については、マルイ製ですのでいうまでもありません。

〜まとめ〜

今回のM45A1は非常に良いと思いました。

まずは質感。

ここ最近のマルイ製品全般に言えることですが、やはり質感が非常に良くなっています。

一昔前のマルイ製品といえば、いかにも樹脂といった感じで、おもちゃ感が強かったですが、

今回のM45A1からそういったものを感じません。

そして、ブローバックエンジンもリニューアルしてきた部分にマルイの本気を感じます。

このクオリティを実売16000円前後ならなかなか悪くはないかなと思いました。

このクオリティを維持して今後の新製品もお願いしたいところですし、

折角今回エンジンをリニューアルしたわけですから、現在制作中のV10コンパクトのみならず、

1911シリーズも増やして欲しいなと思います。

 - Military, レビュー , , ,

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【レビュー】SAA GLOCK19 2017Ver.

今回はSAAのGLOCK19ガスブローバックをレビューしたいと思います。 スポン …

コック&ロックとは?

今回はコック&ロックについて簡単に。。。 コック&ロックとは、ハンマーが起きた状 …

タナカワークス ホームページリニューアル!

ペガサスシステムを搭載したガスリボルバーでお馴染みのタナカワークス。 そんなタナ …

【レビュー】東京マルイカート式エアーリボルバー コルトパイソン.357マグナム

4月7日に東京マルイから発売されたカート式エアーリボルバー「コルトパイソン.35 …

【レビュー】KSC SP2022

今回は今更なモデルですが、KSCのSP2022をレビューしたいと思います。 ずっ …