有名銃器メーカーを覚えよう!FPSのあの銃ってどこのメーカー?

   

Pocket

皆さん好きな銃ってありますか?

1911やM9、P90やMP7、M4やAKなどなど・・・色々あると思います。

では、その銃どこのメーカーが作っているか知ってますか?

そう訊かれると、銃の名前は知ってるけどどこのメーカーかは知らない・・・って方多いのではないのでしょうか。

というわけで、今回は有名銃器メーカーを紹介したいと思います。

メーカーごとに有名なモデルを記載しておりますので、気になった方は是非お気に入りの銃が何というメーカーの銃なのか、調べてみてください。

※当記事掲載の写真は全てエアソフトガン及びモデルガンです。画像をクリックするとレビューページに移動します。

スポンサーリンク

COLT

M45A1(米海兵隊特殊部隊MARSOC装備)

銃を語る上で避けて通れないのがCOLT社でしょう。

少し銃に興味があれば誰でも知ってるであろうM1911A1コルトガバメントや、M16・M4を世に送り出したアメリカのメーカーです。

また、リボルバーではコルトパイソンや、コルトディテクティブも有名です。

しかし、他社の高性能な1911クローンの登場や米国からのM4調達停止などもあり、2015年に倒産し、2021年にチェコの銃器メーカーCZに買収されました。

〜代表的なモデル〜

  • ハンドガン・・・1911シリーズ、パイソン、ディテクティブ
  • ライフル系・・・M16、M4

Smith&Wesson

M360SC(M360JSAKURAの兄弟モデル)

COLTを紹介したら外せないのが、ライバルであるSmith&Wesson、略称S&Wです。

S&Wはアメリカ最大規模の銃器メーカーで、創業当初リボルバーを主に販売していたこともあり、今なお多数のリボルバーを販売しています。

S&Wの銃は日本でも使われており、警察ではM37AirweightとM360JSAKURAというリボルバーが使われています。

また、上記2つのリボルバー以外にも、S&WのM3913というオートマチック拳銃が少数使用されています。

ドラマ「アンフェア」を見たことがある方は、主人公の雪平や山路などが使っている銃を思い出してください。

あれがM3913です。(正確に言うと、雪平が持っているのはM3913LadySmithという派生モデル。山路が持っているのが実際に警察で使われているモデル。)

しかし、このM3913は現在販売されていません。

現在このM3913と同じ世代のオートマチックのラインナップはほとんど生産終了しており、現在は1911クローンであるSW1911と、ストライカー式のM&Pのみとなっています。

〜代表的なモデル〜

  • ハンドガン・・・M19、M36、M&P

GLOCK

GLOCK19

世界各国の軍・法執行機関で使用されており、ドラマや映画に登場する機会も圧倒的に多いGLOCK。

FPSなどのゲームにも登場する機会が多いので知ってる方も多いでしょう。

GLOCKは元々軍用のスコップなどを作っていたオーストリアのメーカーで、同国軍の制式採用銃のトライアルが始まるにあたって、当時としては画期的なストライカー方式のポリマーフレームを製作。これが採用され一躍有名になったと言う過去があります。

ちなみに、昔某映画で、樹脂で出来てるからX線に写らないみたいな描写がありましたが、スライドが普通に金属なので写ります笑

最近だと、映画ジョン・ウィックシリーズでGLOCKが多用されていたのが印象的です。

〜代表的なモデル〜

  • ハンドガン・・・GLOCK17、GLOCK19、GLOCK18C

BERETTA

U.S.M9

米軍にM9の名で採用されていることで有名なBERETTA社。本社はイタリアのメーカーです。

こちらもGLOCK同様ドラマや映画に登場する機会が多く、FPSなどのゲームにもM9の名で度々登場するので、知ってる方も多いでしょう。

しかし、2017年にSIGのP320が米軍の次期制式採用銃として選ばれ、M9は退くことになりました。

ちなみに日本警察のSATがこのM9の改良型であるBeretta92Vertecというモデルを使用しています。

〜代表的なモデル〜

  • ハンドガン・・・92シリーズ

SIG SAUER

SP2022

銃は知ってるけどメーカー名は知らない人が意外と多い気がするSIG SAUERです。

P226、SIG556、MPXなど、実はよくゲームに登場しているアメリカのメーカーです(創業はドイツ)。

実銃の世界では超有名な大手で、世界各国の軍や法執行機関で使用されています。

例えば、アメリカのFBIでは同社のP229、そして先ほどBERETTAの中で紹介しましたが、米軍の時期採用銃に決まったP320もSIGです。

また、日本でも使用されており、自衛隊で使用されていた9mm拳銃はSIGのP220のライセンス品、また警察ではP230(刑事ドラマによく登場します)、他にもSATや海上保安庁などでP228というSIGの銃が使われています。

〜代表的なモデル〜

  • ハンドガン・・・P226、P228、P320
  • ライフル系・・・SG556、MPX

Heckler&Koch

USP9

ドイツの銃器メーカーといえばHeckler&Koch、略称H&Kです。

こちらは、MP7やHK416などのライフル系で知っている方が多いかもしれません。

しかし、ハンドガンも有名で、特にUSPシリーズはドイツ軍や日本警察のSAT、また陸上自衛隊の特殊作戦群でも使用されていると言われています。

SATではメインウェポンとしてMP5、自衛隊にはMP7やHK416も試験的ではあるものの導入されているので、結構日本とも関わりの多いメーカーです。

そして最近では、USPの後継機種に当たるP30が映画ジョン・ウィック1作目で使用されていたり、陸上自衛隊の新9mm拳銃としてストライカー式のVP9(SFP9)が採用されたことでも有名です。

VP9(自衛隊に採用されたSFP9は欧州やカナダでの名称)

〜代表的なモデル〜

  • ハンドガン・・・USPシリーズ、VP9(SFP9)
  • ライフル系・・・MP5、MP7、G36、HK416、HK417

Walther

PPK

こちらもH&Kと同じドイツの銃器メーカー、Waltherです。

Waltherというとやはり、ルパン三世と007のジェームズ・ボンドでしょうか。

ルパン三世がWaltherP38、007のジェームズ・ボンドがWaltherPPK(※)をそれぞれ愛用しています。

※一部作品では同社のP99を使用しています。

ちなみにPPKですが、発売当初は時代背景からナチスドイツのイメージが強くセールスは不調でした。

しかし007でジェームズボンドがPPKを使用し始めたのをきっかけにPPKは大ヒット。

発売開始から90年以上経った今でも販売されています。

他にも、最近ではP99の後継に当たるPPQなども販売しています。

〜代表的なモデル〜

  • ハンドガン・・・PPK、P38、P99、PPQ

FN HERSTAL

SCAR-H(MK17)

最後はベルギーの銃器メーカー、FN HERSTALです。

「銃は知ってるけどメーカー名は知らない」人が多いメーカーNo.1じゃないかと個人的には思っています笑

例えばFAL、SCAR、F2000、P90など・・・知ってる銃あるんじゃないでしょうか?ゲームによく登場しますよね。

また、スプリンターセルシリーズでサムが装備しているSC Pistolは、このFN社のFive-sevenというハンドガンです。

最近では、米特殊作戦軍US SOCOM向けに開発されたFNX-45が、日本でもエアソフトガンで発売されメジャーになっていますね。

〜代表的なモデル〜

  • ハンドガン・・・Five-seven、FNX-45
  • ライフル系・・・FAL、F2000、SCAR、P90

〜まとめ〜

いかがだったでしょうか。

今回は、有名銃器メーカーということで、どこのメーカーまで紹介するかという線引きが正直難しかったですが、最低限抑えておきたいメーカーは紹介出来たかなと思います。

興味のある方は各メーカー、また今回紹介してない他メーカーも調べてみてください。

デザートイーグルで有名なマグナムリサーチ社や、COLT社の説明で登場したCZなど、まだまだ紹介してないメーカーはあるので面白いと思います。

 - Military, 豆知識, 銃の基礎知識 , , , , , , ,

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【レビュー】タナカワークス M360SC

今回はタナカワークスのM360SCガスガンをレビューしたいと思います。 スポンサ …

タナカのリボルバーに実銃グリップを付ける!

今回は、タナカのガスリボルバーに関するちょっとマニアックなネタです。 スポンサー …

【レビュー】VFC/UMAREX HK45CT

今回は、先月発売されたVFC/UMAREXのHK45CTをレビューしたいと思いま …

【レビュー】東京マルイ USP ガスブローバック 

先日発売されました東京マルイの新製品、USPガスブローバックをレビューしたいと思 …

長物GBBについて考えてみる。オススメは?

先日マルイのHK416C発売の記事で少し触れた長物GBBについて、少し考えてみた …